ブログ

芳川葵先生著『運命の聖夜』挿絵を担当しました!

12月21日発売、特選小説2022年2月号にて、芳川葵先生著の『運命の聖夜〜交わる道の先へ〜』の挿絵を3点担当いたしました(*◜◒◝*)

芳川先生の短編の挿絵担当は数ヶ月ぶりくらいでした!先生ありがとうございます!

年末に近いということもあり、告知もろもろ遅くなってしまいました;物語の時期はクリスマスだったのにタイミングを思いきり逃してしまい大変失礼しました;
(他挿絵が気になる方はぜひ…ご購入頂き、ご覧になってくださいませ!)

今回も愉しく挿絵を描かせていただきました(∀`*) おそらくこの投稿が今年最後になるかと思います。
挿絵担当させていただいた先生方・編集さん、そして応援してくださるファンの皆様…今年も大変お世話になりました!
来年も素敵な人・物語に出会えますように…♪ 皆様よいお年を…!

211221

南綾子先生著『わたしに何かを投影しないで』挿絵を担当しました!

11月21日発売、特選小説2022年1月号にて、
南綾子先生著の『わたしに何かを投影しないで』の挿絵を3点担当いたしました(*◜◒◝*)

約半年ぶり南先生の短編を担当いたしました。
何度も書きますが先生の短編はリアルで生々しい(良い意味)のです…!

妄想がちの女性が主人公なのですが、みなさんは妄想や空想って日常生活の中でしたりしますか?
職業柄なのか日に何度か絵の構図だったり絵の物語的なものをふと考えたりするので、私にとっては空想や妄想ってとても身近な行為なんですよね!

他挿絵が気になる方はぜひ…ご購入頂き、ご覧になってくださいませ!

211121_s

渡辺やよい先生著『百箇日の未亡人』挿絵を担当しました!

9月21日発売、特選小説2021年11月号にて、渡辺やよい先生著の『百箇日の未亡人』の挿絵を3点担当いたしました(*◜◒◝*)

渡辺先生の短編は初めての担当となりました。間接的となりますが、先生ありがとうございます!

ひゃっか‐にち〔ヒヤクカ‐〕【百箇日】

 100日間。また、100日目。
 人が死んでから100日目。また、その日に行う法事
(デジタル大辞泉より引用)

恥ずかしながら「百箇日」という言葉、知りませんでした;
物語とは関係ないですが、日本語ってほんとうに難しい。官能小説の挿絵のお仕事をいただくことが増え、難しい言葉もよく目にするようになって、勉強させてもらっているなぁとしみじみ…。

今回も愉しく挿絵を描かせていただきました(∀`*) 担当編集さん、いつもありがとうございます!

他挿絵が気になる方はぜひ…ご購入頂き、ご覧になってくださいませ!

210921_s

1 / 2212345...Last »
PAGETOP